気温とオゾン濃度上昇が水稲の生産性におよぼす複合影響評価と適応方策に関する研究_電力中央研究所_河野吉久_平成22年度_環境研究総合推進費終了成果報告書(A-0806)

Data and Resources

Additional Info

Field Value
Title 気温とオゾン濃度上昇が水稲の生産性におよぼす複合影響評価と適応方策に関する研究_電力中央研究所_河野吉久_平成22年度_環境研究総合推進費終了成果報告書(A-0806)
Description
Publisher 環境省
ContactPoint 総合環境政策局総務課環境研究技術室
Creator 総合環境政策局総務課環境研究技術室
Tags DNAアレイ,DNAマイクロアレイ,energy and environment,environment,information_disclosure,イネ,エネルギーと環境,オゾン,ストレス診断,分子マーカー,収量,品種間差,品質影響,地球温暖化,情報公開,感受性,施肥,暴露時期,水稲収量,環境,稲わら,高温
Release Date 2013-03-25
Frequency Of Update 更新しない
LandingPage http://www.env.go.jp/policy/kenkyu/suishin/kadai/syuryo_report/h22/h22_suishin_report.html
Spatial