hint: you can use keyword(AND,OR,NOT) to search dataset.
          eg:administration AND enviroment NOT white paper → only show dataset include administration AND enviroment.

24 datasets found

Organizations: Ministry of Economy, Trade and Industry Formats: pdf xlsx

  • 工場立地動向調査(1999年)

    工場等の立地動向を全国にわたり統一した基準で迅速に調査することにより、工場立地の実態を把握し、工場立地の適正化及び土地利用の合理化に寄与することを目的とする。
  • 工場立地動向調査(2000年)

    工場等の立地動向を全国にわたり統一した基準で迅速に調査することにより、工場立地の実態を把握し、工場立地の適正化及び土地利用の合理化に寄与することを目的とする。
  • 工場立地動向調査(2001年)

    工場等の立地動向を全国にわたり統一した基準で迅速に調査することにより、工場立地の実態を把握し、工場立地の適正化及び土地利用の合理化に寄与することを目的とする。
  • 工場立地動向調査(2002年)

    工場等の立地動向を全国にわたり統一した基準で迅速に調査することにより、工場立地の実態を把握し、工場立地の適正化及び土地利用の合理化に寄与することを目的とする。
  • 工場立地動向調査(2003年)

    工場等の立地動向を全国にわたり統一した基準で迅速に調査することにより、工場立地の実態を把握し、工場立地の適正化及び土地利用の合理化に寄与することを目的とする。
  • 工場立地動向調査(2004年)

    工場等の立地動向を全国にわたり統一した基準で迅速に調査することにより、工場立地の実態を把握し、工場立地の適正化及び土地利用の合理化に寄与することを目的とする。
  • 工場立地動向調査(2005年)

    工場等の立地動向を全国にわたり統一した基準で迅速に調査することにより、工場立地の実態を把握し、工場立地の適正化及び土地利用の合理化に寄与することを目的とする。
  • 工場立地動向調査(2006年)

    工場等の立地動向を全国にわたり統一した基準で迅速に調査することにより、工場立地の実態を把握し、工場立地の適正化及び土地利用の合理化に寄与することを目的とする。
  • 工場立地動向調査(2007年)

    工場等の立地動向を全国にわたり統一した基準で迅速に調査することにより、工場立地の実態を把握し、工場立地の適正化及び土地利用の合理化に寄与することを目的とする。
  • 工場立地動向調査(2008年)

    工場等の立地動向を全国にわたり統一した基準で迅速に調査することにより、工場立地の実態を把握し、工場立地の適正化及び土地利用の合理化に寄与することを目的とする。
  • 工場立地動向調査(2009年)

    工場等の立地動向を全国にわたり統一した基準で迅速に調査することにより、工場立地の実態を把握し、工場立地の適正化及び土地利用の合理化に寄与することを目的とする。
  • 工場立地動向調査(2010年)

    工場等の立地動向を全国にわたり統一した基準で迅速に調査することにより、工場立地の実態を把握し、工場立地の適正化及び土地利用の合理化に寄与することを目的とする。
  • 工場立地動向調査(2011年)

    工場等の立地動向を全国にわたり統一した基準で迅速に調査することにより、工場立地の実態を把握し、工場立地の適正化及び土地利用の合理化に寄与することを目的とする。
  • 工場立地動向調査(2012年)

    工場等の立地動向を全国にわたり統一した基準で迅速に調査することにより、工場立地の実態を把握し、工場立地の適正化及び土地利用の合理化に寄与することを目的とする。
  • 機能性化学品動向調査(2011年)

    高度部材である、機能性化学品の生産量等を調査し、国内における機能性化学品の定量的な把握を行い、経済産業行政の企画・立案の基礎資料として活用することを目的とする。
  • 機能性化学品動向調査(2012年)

    高度部材である、機能性化学品の生産量等を調査し、国内における機能性化学品の定量的な把握を行い、経済産業行政の企画・立案の基礎資料として活用することを目的とする。
  • 石油設備調査(2016年3月末時点)

    石油業者が有する貯油設備等の実態を調査し、石油設備に関する行政施策の基礎資料を得ることを目的とする。
  • 地域間産業連関表(1995年)

    地域間産業連関表は、同時に複数の地域を対象とした表であり、地域間相互依存関係を通じた各種の地域間波及効果分析を行うことを目的として作成された表である。
  • 日米国際産業連関表(2000年)

    日本の産業連関表の作成経験を活かして日本及び各国経済の相互依存関係を明らかにし、一国経済及びその変化が他の国にどのような影響を及ぼすのかについて、定量的に分析できる有力なツールとして利用されている。
  • 日米国際産業連関表(2005年)

    日本の産業連関表の作成経験を活かして日本及び各国経済の相互依存関係を明らかにし、一国経済及びその変化が他の国にどのような影響を及ぼすのかについて、定量的に分析できる有力なツールとして利用されている。