hint: you can use keyword(AND,OR,NOT) to search dataset.
          eg:administration AND enviroment NOT white paper → only show dataset include administration AND enviroment.

48 datasets found

Groups: Business,Household,Economy Formats: html Tags: 企業_家計_経済 統計

  • 第26回海外事業活動基本調査(1995年度)

    我が国企業の海外事業活動の現状と海外事業活動が現地及び日本に与える影響を把握することにより、今後の産業政策及び通商政策の運営に資するための基礎資料を得ることを目的としています。
  • 第27回海外事業活動基本調査(1996年度)

    我が国企業の海外事業活動の現状と海外事業活動が現地及び日本に与える影響を把握することにより、今後の産業政策及び通商政策の運営に資するための基礎資料を得ることを目的としています。
  • 第33回海外事業活動基本調査(2002年度)

    我が国企業の海外事業活動の現状と海外事業活動が現地及び日本に与える影響を把握することにより、今後の産業政策及び通商政策の運営に資するための基礎資料を得ることを目的としています。
  • 海外現地法人四半期調査(平成26年度)

    我が国企業の海外事業活動の実績と見通しを調査することによって、我が国企業の海外における活動動向及び企業活動のグローバル化の実態を把握するとともに、機動的な産業政策及び通商政策の立案に資することを目的とする。
  • 海外現地法人四半期調査(平成25年度)

    我が国企業の海外事業活動の実績と見通しを調査することによって、我が国企業の海外における活動動向及び企業活動のグローバル化の実態を把握するとともに、機動的な産業政策及び通商政策の立案に資することを目的とする。
  • 商品流通調査

    地域間における商品流通状況を明らかにし、地域産業連関表作成のための基礎資料を得る。
  • 産業連関構造調査(輸入品需要先調査)

    産業連関表のうち、各産業部門間の輸入品取引額を特掲するため、輸入品の品目別需要先の推計に関する基礎資料を得ることを目的とする。
  • 産業連関構造調査(商業マージン調査)

    産業連関表を作成する過程で必要となる各産業部門間の「財」の取引に伴う商業マージンの推計に関する基礎資料を得ることを目的とする。
  • 産業連関構造調査(資本財販売先調査)

    全国産業連関表で資本財として取り扱われる製品について、国内設備投資向け販売高の産業別内訳等を調査し、産業連関表の付帯表である「固定資本マトリックス」作成の基礎資料を得る。
  • 産業連関構造調査(鉱工業投入調査)

    全国産業連関表作成のために実施するものであり、主として主要工業製品の原価構成を把握し、投入構造推計の基礎資料を得る。  全国産業連関表は、10府省庁共同事業として行っており、本調査は、産業連関表作成の基礎資料収集のために各府省が必要に応じて行う産業連関構造調査の一つ。
  • 延長産業連関表(簡易延長産業連関表)

    総務省をはじめとする10府省庁の共同事業により5年ごとに作成されている「産業連関表」をベースとし、次回作成されるまでの間を補完するために延長推計したものである。各産業の相互依存関係を明らかにし、各産業の変化が他の産業にどのような影響を及ぼすのかについて、定量的に分析できる有力なツールとして利用されている。
  • 第3次産業活動指数 時系列データ

    第3次産業活動指数は、第3次産業に属する業種の生産活動を総合的に捉えることを目的としている。
  • 全産業活動指数 時系列データ

    全産業活動指数は全産業の生産活動状況を供給面から捉えることを目的としている。
  • 日欧(英、仏、独)二国間国際産業連関表(1990年)

    日本の産業連関表の作成経験を活かして日本及び各国経済の相互依存関係を明らかにし、一国経済及びその変化が他の国にどのような影響を及ぼすのかについて、定量的に分析できる有力なツールとして利用されている。
  • 日・米・EU・アジア多国間国際産業連関表(1990年)

    日本の産業連関表の作成経験を活かして日本及び各国経済の相互依存関係を明らかにし、一国経済及びその変化が他の国にどのような影響を及ぼすのかについて、定量的に分析できる有力なツールとして利用されている。
  • 日米国際産業連関表(1990年)

    日本の産業連関表の作成経験を活かして日本及び各国経済の相互依存関係を明らかにし、一国経済及びその変化が他の国にどのような影響を及ぼすのかについて、定量的に分析できる有力なツールとして利用されている。
  • 日米国際産業連関表(1995年)

    日本の産業連関表の作成経験を活かして日本及び各国経済の相互依存関係を明らかにし、一国経済及びその変化が他の国にどのような影響を及ぼすのかについて、定量的に分析できる有力なツールとして利用されている。
  • 日米国際産業連関表(2000年)

    日本の産業連関表の作成経験を活かして日本及び各国経済の相互依存関係を明らかにし、一国経済及びその変化が他の国にどのような影響を及ぼすのかについて、定量的に分析できる有力なツールとして利用されている。
  • 日米国際産業連関表(2005年)

    日本の産業連関表の作成経験を活かして日本及び各国経済の相互依存関係を明らかにし、一国経済及びその変化が他の国にどのような影響を及ぼすのかについて、定量的に分析できる有力なツールとして利用されている。
  • 日中国際産業連関表(2007年)

    日本の産業連関表の作成経験を活かして日本及び各国経済の相互依存関係を明らかにし、一国経済及びその変化が他の国にどのような影響を及ぼすのかについて、定量的に分析できる有力なツールとして利用されている。