平成31年度地球温暖化問題等対策調査(容器包装リサイクル可能量等実態調査及び容器包装識別表示検討調査)報告書

ガラスびん、ペットボトル、紙製容器包装及びプラスチック製容器包装の再商品化事業者等に対し、今後の動向等を調査し、再商品化可能量算定に資する処理能力等の実態を把握するとともに、再商品化可能量算定に向けた基礎資料等の作成した。また、容器包装に付されるラベル等の使用量の削減や簡略化による容器包装のリデュースを継続的に推進していくため、分別排出が定着している現状を踏まえつつ、表示の標準となるべき事項の内、特に様式(表示の大きさ)及び表示方法の見直しを検討した。

Data and Resources

  • 報告書PDF

    ガラスびん、ペットボトル、紙製容器包装及びプラスチック製容器包装の再商品化事業者等に対し、今後の動向等を調査し、再商品化可能量算定に資する処理能力等の実態...

Additional Info

Field Value
Title 平成31年度地球温暖化問題等対策調査(容器包装リサイクル可能量等実態調査及び容器包装識別表示検討調査)報告書
Description ガラスびん、ペットボトル、紙製容器包装及びプラスチック製容器包装の再商品化事業者等に対し、今後の動向等を調査し、再商品化可能量算定に資する処理能力等の実態を把握するとともに、再商品化可能量算定に向けた基礎資料等の作成した。また、容器包装に付されるラベル等の使用量の削減や簡略化による容器包装のリデュースを継続的に推進していくため、分別排出が定着している現状を踏まえつつ、表示の標準となるべき事項の内、特に様式(表示の大きさ)及び表示方法の見直しを検討した。
Publisher 経済産業省
ContactPoint 産業技術環境局資源循環経済課
Creator 産業技術環境局資源循環経済課
Tags environment,環境,経済,資源
Release Date
Frequency Of Update
LandingPage
Spatial