平成31年度「高度な自動走行システムの社会実装に向けた研究開発・実証事業:自動走行システムの安全性評価技術構築に向けた研究開発プロジェクト」成果報告書

本事業の実施にあたっては、極めて高度な技術、知識又は設備等が必要。また、複数の事業者が共同研究することでより高度な技術的知見を集積して事業目的を達成するため、受託者の決定に際して国が複数の提案者間で研究内容や研究体制等につき調整することが不可欠であるため、企画競争を実施したうえで、会計法第29条の3第4項の随意契約を行うこととする。

Data and Resources

  • 報告書PDF

    本事業の実施にあたっては、極めて高度な技術、知識又は設備等が必要。また、複数の事業者が共同研究することでより高度な技術的知見を集積して事業目的を達成するた...

Additional Info

Field Value
Title 平成31年度「高度な自動走行システムの社会実装に向けた研究開発・実証事業:自動走行システムの安全性評価技術構築に向けた研究開発プロジェクト」成果報告書
Description 本事業の実施にあたっては、極めて高度な技術、知識又は設備等が必要。また、複数の事業者が共同研究することでより高度な技術的知見を集積して事業目的を達成するため、受託者の決定に際して国が複数の提案者間で研究内容や研究体制等につき調整することが不可欠であるため、企画競争を実施したうえで、会計法第29条の3第4項の随意契約を行うこととする。
Publisher 経済産業省
ContactPoint 製造産業局自動車課
Creator 製造産業局自動車課
Tags 交通
Release Date
Frequency Of Update
LandingPage
Spatial