平成29年度化学物質安全対策(共通的尺度を志向したリスクベースの化学物質管理の枠組み設計と事例研究)調査報告書

共通的尺度を志向したリスクに基づく化学物質管理の枠組み設計、及びその適用性を検討した。まず、化審法に関するリスク評価結果からリスク管理のための共通尺度を抽出した。次に、消費から廃棄の範囲において自治体による地域のリスク管理方策を検討した。併せてPRTRを活用した曝露シナリオを提案した。

Data and Resources

  • 報告書

    共通的尺度を志向したリスクに基づく化学物質管理の枠組み設計、及びその適用性を検討した。まず、化審法に関するリスク評価結果からリスク管理のための共通尺度を抽...

Additional Info

Field Value
Title 平成29年度化学物質安全対策(共通的尺度を志向したリスクベースの化学物質管理の枠組み設計と事例研究)調査報告書
Description 共通的尺度を志向したリスクに基づく化学物質管理の枠組み設計、及びその適用性を検討した。まず、化審法に関するリスク評価結果からリスク管理のための共通尺度を抽出した。次に、消費から廃棄の範囲において自治体による地域のリスク管理方策を検討した。併せてPRTRを活用した曝露シナリオを提案した。
Publisher 経済産業省
ContactPoint 製造産業局化学物質管理課化学物質リスク評価室
Creator 製造産業局化学物質管理課化学物質リスク評価室
Tags disaster,environment,security,エネルギー,リスク,化学物質,地方,地理,安全,水道,災害,環境,生活,産業,研究,社会,行政,製造,資源
Release Date 2018-05-28
Frequency Of Update
LandingPage
Spatial