平成28年度IoT推進のための新産業モデル創出基盤整備事業(IoT技術を活用した社会インフラの効率的点検・管理手法等調査)報告書

自治体が管理する社会インフラ(橋梁、トンネル等)の点検方法の多くは、目視点検や打音調査が基本となっており、点検、結果判定等において自治体毎の事情(予算、人材不足等々)により課題が生じている。その様な背景の下、自治体のインフラ維持管理における課題を整理し、それらを改善すべく、IoT技術を有効に活用した維持管理手法の検討を行うことを目的に、社会インフラの維持・管理における課題の整理とIoT技術の導入可能性、 自治体間等での管理・点検データ等の共有による効率的な社会インフラの維持管理手法の導入可能性と課題の整理等々を調査し、それら調査結果の実証試験の検討を行った。

Data and Resources

Additional Info

Field Value
Title 平成28年度IoT推進のための新産業モデル創出基盤整備事業(IoT技術を活用した社会インフラの効率的点検・管理手法等調査)報告書
Description 自治体が管理する社会インフラ(橋梁、トンネル等)の点検方法の多くは、目視点検や打音調査が基本となっており、点検、結果判定等において自治体毎の事情(予算、人材不足等々)により課題が生じている。その様な背景の下、自治体のインフラ維持管理における課題を整理し、それらを改善すべく、IoT技術を有効に活用した維持管理手法の検討を行うことを目的に、社会インフラの維持・管理における課題の整理とIoT技術の導入可能性、 自治体間等での管理・点検データ等の共有による効率的な社会インフラの維持管理手法の導入可能性と課題の整理等々を調査し、それら調査結果の実証試験の検討を行った。
Publisher 経済産業省
ContactPoint 商務情報政策局情報通信機器課
Creator 商務情報政策局情報通信機器課
Tags IoT技術 ,地方,建設,社会インフラ,自治体
Release Date 2017-05-15
Frequency Of Update
LandingPage
Spatial