PM2.5予測精度向上のためのモデル・発生源データの改良とエアロゾル揮発特性の評価_(国研)国立環境研究所_菅田 誠治_平成28年度_環境研究総合推進費終了成果報告書(5-1408)

Data and Resources

Additional Info

Field Value
Title PM2.5予測精度向上のためのモデル・発生源データの改良とエアロゾル揮発特性の評価_(国研)国立環境研究所_菅田 誠治_平成28年度_環境研究総合推進費終了成果報告書(5-1408)
Description
Publisher 環境省
ContactPoint 総合環境政策局総務課環境研究技術室
Creator 総合環境政策局総務課環境研究技術室
Tags VBSモデル,energy and environment,environment,information_disclosure,エネルギーと環境,オリゴマー,不均一反応,二次生成,光化学的エイジング,凝縮性ダスト,情報公開,排出インベントリ,揮発特性,有機エアロゾル,環境
Release Date 2018-03-12
Frequency Of Update 更新しない
LandingPage http://www.env.go.jp/policy/kenkyu/suishin/kadai/syuryo_report/h28/h28_suishin_report.html
Spatial