利用ヒント:キーワード検索は「AND」、「OR」、「NOT」により複数キーワード検索機能が利用できます。
          例:行政 AND 環境 NOT 白書→「行政」と「環境」が含まれ、「白書」が含まれないデータセットが検索されます。

18 件のデータセットが見つかりました

フォーマット: PDF グループ: 企業・家計・経済 タグ: 国際

  • 海外現地法人四半期調査(平成25年度)

    我が国企業の海外事業活動の実績と見通しを調査することによって、我が国企業の海外における活動動向及び企業活動のグローバル化の実態を把握するとともに、機動的な産業政策及び通商政策の立案に資することを目的とする。
  • 海外現地法人四半期調査(平成26年度)

    我が国企業の海外事業活動の実績と見通しを調査することによって、我が国企業の海外における活動動向及び企業活動のグローバル化の実態を把握するとともに、機動的な産業政策及び通商政策の立案に資することを目的とする。
  • 海外現地法人四半期調査(平成27年度)

    我が国企業の海外事業活動の実績と見通しを調査することによって、我が国企業の海外における活動動向及び企業活動のグローバル化の実態を把握するとともに、機動的な産業政策及び通商政策の立案に資することを目的とする。
  • 第32回海外事業活動基本調査(2001年度)

    我が国企業の海外事業活動の現状と海外事業活動が現地及び日本に与える影響を把握することにより、今後の産業政策及び通商政策の運営に資するための基礎資料を得ることを目的としています。
  • 第33回海外事業活動基本調査(2002年度)

    我が国企業の海外事業活動の現状と海外事業活動が現地及び日本に与える影響を把握することにより、今後の産業政策及び通商政策の運営に資するための基礎資料を得ることを目的としています。
  • 第34回海外事業活動基本調査(2003年度)

    我が国企業の海外事業活動の現状と海外事業活動が現地及び日本に与える影響を把握することにより、今後の産業政策及び通商政策の運営に資するための基礎資料を得ることを目的としています。
  • 第35回海外事業活動基本調査(2004年度)

    我が国企業の海外事業活動の現状と海外事業活動が現地及び日本に与える影響を把握することにより、今後の産業政策及び通商政策の運営に資するための基礎資料を得ることを目的としています。
  • 第36回海外事業活動基本調査(2005年度)

    我が国企業の海外事業活動の現状と海外事業活動が現地及び日本に与える影響を把握することにより、今後の産業政策及び通商政策の運営に資するための基礎資料を得ることを目的としています。
  • 第37回海外事業活動基本調査(2006年度)

    我が国企業の海外事業活動の現状と海外事業活動が現地及び日本に与える影響を把握することにより、今後の産業政策及び通商政策の運営に資するための基礎資料を得ることを目的としています。
  • 第38回海外事業活動基本調査(2007年度)

    我が国企業の海外事業活動の現状と海外事業活動が現地及び日本に与える影響を把握することにより、今後の産業政策及び通商政策の運営に資するための基礎資料を得ることを目的としています。
  • 第39回海外事業活動基本調査(2008年度)

    我が国企業の海外事業活動の現状と海外事業活動が現地及び日本に与える影響を把握することにより、今後の産業政策及び通商政策の運営に資するための基礎資料を得ることを目的としています。
  • 第40回海外事業活動基本調査(2009年度)

    我が国企業の海外事業活動の現状と海外事業活動が現地及び日本に与える影響を把握することにより、今後の産業政策及び通商政策の運営に資するための基礎資料を得ることを目的としています。
  • 第41回海外事業活動基本調査(2010年度)

    我が国企業の海外事業活動の現状と海外事業活動が現地及び日本に与える影響を把握することにより、今後の産業政策及び通商政策の運営に資するための基礎資料を得ることを目的としています。
  • 第42回海外事業活動基本調査(2011年度)

    我が国企業の海外事業活動の現状と海外事業活動が現地及び日本に与える影響を把握することにより、今後の産業政策及び通商政策の運営に資するための基礎資料を得ることを目的としています。
  • 平成26年度海外の商店街施策に関する調査委託事業

    今後の我が国における商店街施策の検討にあたっては、先進諸国における具体的な事例を数多く把握しておくことが必要であると考えており、本事業では、海外の商店街施策調査を実施することにより、今後の施策立案に資するための基礎資料とすることを目的とする。
  • 令和1年度知的財産権ワーキング・グループ等侵害対策強化事業(官民合同ミッション等支援事業)報告書

    本報告書は、中国を始めとした中東、インド、ASEAN等の世界各国において、あらゆる業種の日本企業が模倣品・海賊版被害に遭遇していることを受け、日本政府とIIPPFが連携し、中国等の侵害発生国政府機関に対して行った、「知的財産保護官民合同代表団」の派遣や侵害発生国で開催したセミナー、外国政府機関職員の日本への招聘事業等の結果をまとめた報告書である。
  • 経済産業省委託調査 平成26年度知的財産権ワーキング・グループ等侵害対策強化事業 海外の民間団体における模倣品等対策に関する調査報告書

    模倣品被害発生国や欧米諸国で設立された民間団体の模倣品対策の動向や、国内の民間団体の海外民間団体との連携状況について調査したもの
  • 平成29年度皮革産業振興対策調査等(日本製革製履物の海外PR等のための海外見本市出展)事業実施報告書

    世界中からバイヤー等が集結する靴に関する有数の展示会である「国際靴見本市(the MICAM)」に日本ブースを設置し、日本人の感性や技術を生かした特徴ある優れた日本製革製履物等の展示・PRを行うとともに、海外市場での販路開拓の可能性及び課題について調査分析を実施した。