令和元年度化学物質安全対策(化学物質の分解性及び蓄積性に係る総合的評価の導入に関する調査)報告書

化審法における分解性・蓄積性の評価において、WoE等の手法を活用して、より合理的かつ精緻化された評価を行うための課題、対応策等を整理した。また、分解性・蓄積性の定量的構造活性相関(QSAR)について、人工知能(AI)を用いて予測精度向上を図るための検討を行った。

データとリソース

  • 報告書

    化審法における分解性・蓄積性の評価において、WoE等の手法を活用して、より合理的かつ精緻化された評価を行うための課題、対応策等を整理した。また、分解性・蓄...

  • データ

    化審法における分解性・蓄積性の評価において、WoE等の手法を活用して、より合理的かつ精緻化された評価を行うための課題、対応策等を整理した。また、分解性・蓄...

追加情報

フィールド
タイトル 令和元年度化学物質安全対策(化学物質の分解性及び蓄積性に係る総合的評価の導入に関する調査)報告書
説明 化審法における分解性・蓄積性の評価において、WoE等の手法を活用して、より合理的かつ精緻化された評価を行うための課題、対応策等を整理した。また、分解性・蓄積性の定量的構造活性相関(QSAR)について、人工知能(AI)を用いて予測精度向上を図るための検討を行った。
公表組織名 経済産業省
連絡先 製造産業局化学物質管理課化学物質安全室
作成者 製造産業局化学物質管理課化学物質安全室
タグ education,environment,security,安全,教育,環境
リリース日
作成頻度
公開ウェブページ
対象地域