報告書

URL: https://www.meti.go.jp/meti_lib/report/2019FY/000013.pdf

①化学物質の類型化を通じて、未評価の物質がいずれの類型に近いか、化学物質地図作成を行った。②PRTR対象物質の排出量の変化傾向の要因分析を行った。③地域スケールにおける非平常時の曝露および回復過程を対象としたプロトタイプモデルの構築とケーススタディの実施を行った。

このリソースのために作成されたビューはまだありません

追加情報

フィールド
タイトル 報告書
URL https://www.meti.go.jp/meti_lib/report/2019FY/000013.pdf
説明 ①化学物質の類型化を通じて、未評価の物質がいずれの類型に近いか、化学物質地図作成を行った。②PRTR対象物質の排出量の変化傾向の要因分析を行った。③地域スケールにおける非平常時の曝露および回復過程を対象としたプロトタイプモデルの構築とケーススタディの実施を行った。
データ形式
ファイルサイズ 5600000
最終更新日 1990-10-23
ライセンス CC-BY
コピーライト
言語 日本語