平成31年度化学物質安全対策(リスクベースの視点から見たレスポンシブル・ケアのあり方)調査報告書

①化学物質の類型化を通じて、未評価の物質がいずれの類型に近いか、化学物質地図作成を行った。②PRTR対象物質の排出量の変化傾向の要因分析を行った。③地域スケールにおける非平常時の曝露および回復過程を対象としたプロトタイプモデルの構築とケーススタディの実施を行った。

データとリソース

  • 報告書

    ①化学物質の類型化を通じて、未評価の物質がいずれの類型に近いか、化学物質地図作成を行った。②PRTR対象物質の排出量の変化傾向の要因分析を行った。③地域ス...

追加情報

フィールド
タイトル 平成31年度化学物質安全対策(リスクベースの視点から見たレスポンシブル・ケアのあり方)調査報告書
説明 ①化学物質の類型化を通じて、未評価の物質がいずれの類型に近いか、化学物質地図作成を行った。②PRTR対象物質の排出量の変化傾向の要因分析を行った。③地域スケールにおける非平常時の曝露および回復過程を対象としたプロトタイプモデルの構築とケーススタディの実施を行った。
公表組織名 経済産業省
連絡先 製造産業局化学物質管理課化学物質リスク評価室
作成者 製造産業局化学物質管理課化学物質リスク評価室
タグ disaster,environment,security,statistics,地方,地理,安全,工業,水道,災害,環境,生活,産業,研究,社会,経済,統計,製造,資源
リリース日
作成頻度
公開ウェブページ
対象地域