平成30年度省エネルギー等に関する国際標準の獲得・普及促進事業委託費(新規分野の国際ルールインテリジェンスに関する調査(分散エネルギーマネジメントシステム分野における日本のインフラ輸出に必要な国際標準調査(マレーシアを焦点国としたASEANにおける国際標準の必要性調査)))エネルギーセクターの国際標準技術へのマレーシア参加に関する白書(英語版)The White Paper for Malaysia to participate the international standard technologies in Energy Sector.

本事業においては、仕様書に示された調査手法に従い、①マレーシアにおける産官学の有識者にインタビュー、②マレーシアの現地企業(日本企業現地法人含む)に実現可能性についてインタビューを行った。また、経済産業省が当該分野で推薦する専門家へのインタビューを行い、その結果に基づいて最終調査報告書を作成した。具体的な調査項目と結果・考察は以下の通り。Q1.新しいマレーシアのエネルギーシステムを作るために必要な基準は何か? A.このシステムは、マレーシアで新しいものを形成するのではなく、既存の国際標準をサポートしている。これにより、日本とマレーシアの連携している企業がマレーシアの国内基準を必要とせずに事業に参入できるようになる。 次の規格がシステムの実現の候補になりうるものだ。DMSでは、家電製品のインターフェース用のISO / IEC 14543-4-3。 SCADAでは、エネルギー管理に関するISO / IEC 61970、配電管理に関するISO / IEC 61968。Q2:日本が支持する国際規格はどのようにマレーシアの共通規格になるか?マレーシアで共通規格になるには、規格の認証に加えて、4つの欠けている部分がある:オープン性、意識、教育、および信頼(サイバーセキュリティ)に関する研究だ。マレーシアのEMS市場であるZigbeeでは、Modbusがみられる。しかし、それらは上記の4つの点と国際基準を満たしていないため、支配的な地位を占めるには至っていない。Q 3:マレーシアの制度に新しい基準が必要な場合、日本にはどのような取り組みが発表されるか。A:インターナショナルサイバーセキュリティフレームワークは新しい標準として扱われるべきだ。 このフレームワークは、1)ASIAN諸国が同じ構造を実行できること、および2)既存の国際規格が相互運用性を維持することを支持している。Q4:マレーシアやASEAN諸国と同盟する日本に、新しい国際規格が与える影響は何か?A.日本がサイバーセキュリティフレームワークを世界に広げる可能性を作り出した。2019年1月に経済産業省が国際的なレビューを公に要求したフレームワークは、NIST、ETSI、ISO / IEC、IETF、IPv6フォーラム、ITUなどでよく知られている。国際サイバーセキュリティフレームワークまで発展させることができれば、インダストリー4.0において日本に対する理解を深め、マレーシアでその新しいエネルギーシステムを組み込むことができる。 実証研究のために、マレーシアの学界はそれを待っている状態だ。

データとリソース

  • 報告書

    本事業においては、仕様書に示された調査手法に従い、①マレーシアにおける産官学の有識者にインタビュー、②マレーシアの現地企業(日本企業現地法人含む)に実現可...

追加情報

フィールド
タイトル 平成30年度省エネルギー等に関する国際標準の獲得・普及促進事業委託費(新規分野の国際ルールインテリジェンスに関する調査(分散エネルギーマネジメントシステム分野における日本のインフラ輸出に必要な国際標準調査(マレーシアを焦点国としたASEANにおける国際標準の必要性調査)))エネルギーセクターの国際標準技術へのマレーシア参加に関する白書(英語版)The White Paper for Malaysia to participate the international standard technologies in Energy Sector.
説明 本事業においては、仕様書に示された調査手法に従い、①マレーシアにおける産官学の有識者にインタビュー、②マレーシアの現地企業(日本企業現地法人含む)に実現可能性についてインタビューを行った。また、経済産業省が当該分野で推薦する専門家へのインタビューを行い、その結果に基づいて最終調査報告書を作成した。具体的な調査項目と結果・考察は以下の通り。Q1.新しいマレーシアのエネルギーシステムを作るために必要な基準は何か? A.このシステムは、マレーシアで新しいものを形成するのではなく、既存の国際標準をサポートしている。これにより、日本とマレーシアの連携している企業がマレーシアの国内基準を必要とせずに事業に参入できるようになる。 次の規格がシステムの実現の候補になりうるものだ。DMSでは、家電製品のインターフェース用のISO / IEC 14543-4-3。 SCADAでは、エネルギー管理に関するISO / IEC 61970、配電管理に関するISO / IEC 61968。Q2:日本が支持する国際規格はどのようにマレーシアの共通規格になるか?マレーシアで共通規格になるには、規格の認証に加えて、4つの欠けている部分がある:オープン性、意識、教育、および信頼(サイバーセキュリティ)に関する研究だ。マレーシアのEMS市場であるZigbeeでは、Modbusがみられる。しかし、それらは上記の4つの点と国際基準を満たしていないため、支配的な地位を占めるには至っていない。Q 3:マレーシアの制度に新しい基準が必要な場合、日本にはどのような取り組みが発表されるか。A:インターナショナルサイバーセキュリティフレームワークは新しい標準として扱われるべきだ。 このフレームワークは、1)ASIAN諸国が同じ構造を実行できること、および2)既存の国際規格が相互運用性を維持することを支持している。Q4:マレーシアやASEAN諸国と同盟する日本に、新しい国際規格が与える影響は何か?A.日本がサイバーセキュリティフレームワークを世界に広げる可能性を作り出した。2019年1月に経済産業省が国際的なレビューを公に要求したフレームワークは、NIST、ETSI、ISO / IEC、IETF、IPv6フォーラム、ITUなどでよく知られている。国際サイバーセキュリティフレームワークまで発展させることができれば、インダストリー4.0において日本に対する理解を深め、マレーシアでその新しいエネルギーシステムを組み込むことができる。 実証研究のために、マレーシアの学界はそれを待っている状態だ。
公表組織名 経済産業省
連絡先 商務情報政策局情報経済課
作成者 商務情報政策局情報経済課
タグ エネルギー,セキュリティ,産業,研究,行政,製造
リリース日
作成頻度
公開ウェブページ
対象地域