平成29年度 国際エネルギー情勢調査(電力分野のサイバーセキュリティに関する海外連携のあり方等調査事業)報告書

本分野の取組が進む米国を選定し、当該国における電力のサイバーセキュリティに関するルール(法令、ガイドライン等)や、対策強化に向けた官民の取組(共同演習、研究開発等)、実際の対策状況等を調査(文献調査や各種資料等の調査が中心)した。調査結果をもとに、米国と日本とを比較しつつ、日本が取り組むべき方向性や論点の整理を行った。

データとリソース

  • 報告書

    本分野の取組が進む米国を選定し、当該国における電力のサイバーセキュリティに関するルール(法令、ガイドライン等)や、対策強化に向けた官民の取組(共同演習、研...

追加情報

フィールド
タイトル 平成29年度 国際エネルギー情勢調査(電力分野のサイバーセキュリティに関する海外連携のあり方等調査事業)報告書
説明 本分野の取組が進む米国を選定し、当該国における電力のサイバーセキュリティに関するルール(法令、ガイドライン等)や、対策強化に向けた官民の取組(共同演習、研究開発等)、実際の対策状況等を調査(文献調査や各種資料等の調査が中心)した。調査結果をもとに、米国と日本とを比較しつつ、日本が取り組むべき方向性や論点の整理を行った。
公表組織名 経済産業省
連絡先 資源エネルギー庁電力・ガス事業部電力産業・市場室
作成者 資源エネルギー庁電力・ガス事業部電力産業・市場室
タグ companies,international,エネルギー,セキュリティ,企業,国際,研究,議会資料
リリース日
作成頻度
公開ウェブページ
対象地域