平成30年度製造基盤技術実態等調査(人とロボットの協調作業を実装したロボットシステムの設計手法の確立に向けた調査)調査報告書

本報告書は、ISO 10218-2(JIS B 8433-2 産業用ロボットの安全要求事項:ロボットシステム及びインテグレーション)等に基づき要求される、機能安全を用いて人とロボットの協調作業を実装したロボットシステムのリスクアセスメントやリスク低減措置、安全性の妥当性確認などの具体的な手順や、技術書類に記載すべき内容等を整理したものである。

データとリソース

追加情報

フィールド
タイトル 平成30年度製造基盤技術実態等調査(人とロボットの協調作業を実装したロボットシステムの設計手法の確立に向けた調査)調査報告書
説明 本報告書は、ISO 10218-2(JIS B 8433-2 産業用ロボットの安全要求事項:ロボットシステム及びインテグレーション)等に基づき要求される、機能安全を用いて人とロボットの協調作業を実装したロボットシステムのリスクアセスメントやリスク低減措置、安全性の妥当性確認などの具体的な手順や、技術書類に記載すべき内容等を整理したものである。
公表組織名 経済産業省
連絡先 製造産業局産業機械課ロボット政策室
作成者 製造産業局産業機械課ロボット政策室
タグ エネルギー,セキュリティ
リリース日
作成頻度
公開ウェブページ
対象地域