平成30年度質の高いインフラの海外展開に向けた事業実施可能性調査事業(インドネシア国における使用済自動車リサイクル事業の展開可能性調査)報告書

十分に把握されていなかったインドネシアの使用済自動車の処理状況について、ジャカルタ及びその周辺の解体事業者から仕入・処理方法・解体後のスクラップ及び中古部品販売等の実態を調査し、日本の事業者が現地事業者と連携して進めることができる事業提案ともたらされる経済効果の検討を行った。

データとリソース

  • 報告書

    十分に把握されていなかったインドネシアの使用済自動車の処理状況について、ジャカルタ及びその周辺の解体事業者から仕入・処理方法・解体後のスクラップ及び中古部...

  • データ

    十分に把握されていなかったインドネシアの使用済自動車の処理状況について、ジャカルタ及びその周辺の解体事業者から仕入・処理方法・解体後のスクラップ及び中古部...

追加情報

フィールド
タイトル 平成30年度質の高いインフラの海外展開に向けた事業実施可能性調査事業(インドネシア国における使用済自動車リサイクル事業の展開可能性調査)報告書
説明 十分に把握されていなかったインドネシアの使用済自動車の処理状況について、ジャカルタ及びその周辺の解体事業者から仕入・処理方法・解体後のスクラップ及び中古部品販売等の実態を調査し、日本の事業者が現地事業者と連携して進めることができる事業提案ともたらされる経済効果の検討を行った。
公表組織名 経済産業省
連絡先 製造産業局自動車課
作成者 製造産業局自動車課
タグ companies,environment,企業,環境,産業,社会,経済,製造,資源
リリース日
作成頻度
公開ウェブページ
対象地域