平成30年度知的財産権ワーキング・グループ等侵害対策強化事業(模倣品対策に係る取組の効果に関する定量的把握手法の整理及び技術的手段を活用した効果的な対策手法の普及支援策に関する調査)調査報告書

本書は、日本政府が実施する模倣品対策に係る取組について、その効果を定量把握するための手法を整理するとともに、技術的手段を活用した、日系企業を対象とする効果的な模倣品対策の普及支援策について、調査・検討を行ったものである。

データとリソース

  • 報告書

    本書は、日本政府が実施する模倣品対策に係る取組について、その効果を定量把握するための手法を整理するとともに、技術的手段を活用した、日系企業を対象とする効果...

追加情報

フィールド
タイトル 平成30年度知的財産権ワーキング・グループ等侵害対策強化事業(模倣品対策に係る取組の効果に関する定量的把握手法の整理及び技術的手段を活用した効果的な対策手法の普及支援策に関する調査)調査報告書
説明 本書は、日本政府が実施する模倣品対策に係る取組について、その効果を定量把握するための手法を整理するとともに、技術的手段を活用した、日系企業を対象とする効果的な模倣品対策の普及支援策について、調査・検討を行ったものである。
公表組織名 経済産業省
連絡先 特許庁総務部国際協力課 模倣品対策室
作成者 製造産業局模倣品対策室
タグ international,security,セキュリティ,商取引,国際,安全,工業,犯罪,産業,製造
リリース日
作成頻度
公開ウェブページ
対象地域