平成29年度商取引適正化・製品安全に係る事業(AIを活用した製品事故情報の分析業務の高度化に関する調査)調査報告書

人工知能(AI)やビッグデータ技術の活用による製品事故情報分析業務の高度化手法を検討し、その効果の検証を行った。あわせて、試行版データベースを作成し、分析業務の高度化に当たって製品事故情報データベースの構造、タグ付け、データ様式等に求められる条件についても検討を行った。

データとリソース

追加情報

フィールド
タイトル 平成29年度商取引適正化・製品安全に係る事業(AIを活用した製品事故情報の分析業務の高度化に関する調査)調査報告書
説明 人工知能(AI)やビッグデータ技術の活用による製品事故情報分析業務の高度化手法を検討し、その効果の検証を行った。あわせて、試行版データベースを作成し、分析業務の高度化に当たって製品事故情報データベースの構造、タグ付け、データ様式等に求められる条件についても検討を行った。
公表組織名 経済産業省
連絡先 産業保安グループ製品安全課
作成者 産業保安グループ製品安全課
タグ AI,disaster,labor,security,statistics,セキュリティ,ビッグデータ,人工知能,企業_会社情報,労働,安全,災害,研究,統計,観測
リリース日 2018-09-13
作成頻度
公開ウェブページ
対象地域