平成29年度石油精製等に係る保安対策調査等事業(高圧ガス取扱施設における産業保安のスマート化に関する調査研究)(4)IT障害やテロ等の想定外事象を踏まえた遠隔監視技術等の活用による保安体制のあり方に関する調査報告書

本報告書は、高圧ガス設備等において、遠隔監視や遠隔操作をはじめとしたIoT技術の活用について、現状と課題についての把握を行い、またこれらの技術について、高圧ガス保安法上の技術基準や制度上の検討を行う際にどのように扱うべきかの論点を整理し、検討を行った結果を取りまとめたものである。

データとリソース

  • 報告書

    本報告書は、高圧ガス設備等において、遠隔監視や遠隔操作をはじめとしたIoT技術の活用について、現状と課題についての把握を行い、またこれらの技術について、高...

追加情報

フィールド
タイトル 平成29年度石油精製等に係る保安対策調査等事業(高圧ガス取扱施設における産業保安のスマート化に関する調査研究)(4)IT障害やテロ等の想定外事象を踏まえた遠隔監視技術等の活用による保安体制のあり方に関する調査報告書
説明 本報告書は、高圧ガス設備等において、遠隔監視や遠隔操作をはじめとしたIoT技術の活用について、現状と課題についての把握を行い、またこれらの技術について、高圧ガス保安法上の技術基準や制度上の検討を行う際にどのように扱うべきかの論点を整理し、検討を行った結果を取りまとめたものである。
公表組織名 経済産業省
連絡先 産業保安グループ高圧ガス保安室
作成者 産業保安グループ高圧ガス保安室
タグ DCS,IoT,LPガス,security,エネルギー,ガイドライン,ガス,サイバーセキュリティ,サイバーテロ,サイバー攻撃,リスク,冷凍,制御系,化学,安全,工業,情報系,水素スタンド,法律,燃料電池車,産業ガス,石油,製造,製造事業所,遠隔操作,遠隔監視,高圧ガス
リリース日 2018-05-18
作成頻度
公開ウェブページ
対象地域