平成29年度石油ガス等供給事業の保安確保に向けた安全管理技術の調査等事業(LPガス容器の緊急遮断バルブ等の調査研究)に関する報告書

FRP容器の普及に伴い質量販売されたLPガス容器の増加が予想される。質量販売の事故は毎年十数件発生していることから、事故を防止するために緊急遮断バルブの有効性やその設置基準等について検討するとともに、集中監視システムと連携させることでLPガスの保安をより向上させる高度安全対策について調査研究を行う。

データとリソース

  • 報告書

    FRP容器の普及に伴い質量販売されたLPガス容器の増加が予想される。質量販売の事故は毎年十数件発生していることから、事故を防止するために緊急遮断バルブの有...

追加情報

フィールド
タイトル 平成29年度石油ガス等供給事業の保安確保に向けた安全管理技術の調査等事業(LPガス容器の緊急遮断バルブ等の調査研究)に関する報告書
説明 FRP容器の普及に伴い質量販売されたLPガス容器の増加が予想される。質量販売の事故は毎年十数件発生していることから、事故を防止するために緊急遮断バルブの有効性やその設置基準等について検討するとともに、集中監視システムと連携させることでLPガスの保安をより向上させる高度安全対策について調査研究を行う。
公表組織名 経済産業省
連絡先 産業保安グループガス安全室
作成者 産業保安グループガス安全室
タグ FRP容器,LPガス,security,ガス,スマートフォン,マイコンメータ,安全,質量販売,集中監視システム
リリース日 2018-05-02
作成頻度
公開ウェブページ
対象地域