平成29年度知的財産権ワーキング・グループ等侵害対策強化事業(我が国模倣品被害の課題分析及び課題解決のための方策検討に関する調査)最終報告書

本報告書では、我が国の模倣品被害の全体像を把握するとともに、模倣品被害発生の原因を分析、その後現状の模倣品政策・対策を把握し、評価している。その後米国及び中国の模倣品対策をベンチマークし、我が国への示唆を抽出の上、今後の我が国が取るべき模倣品対策の方向性について提言している。

データとリソース

追加情報

フィールド
タイトル 平成29年度知的財産権ワーキング・グループ等侵害対策強化事業(我が国模倣品被害の課題分析及び課題解決のための方策検討に関する調査)最終報告書
説明 本報告書では、我が国の模倣品被害の全体像を把握するとともに、模倣品被害発生の原因を分析、その後現状の模倣品政策・対策を把握し、評価している。その後米国及び中国の模倣品対策をベンチマークし、我が国への示唆を抽出の上、今後の我が国が取るべき模倣品対策の方向性について提言している。
公表組織名 経済産業省
連絡先 特許庁総務部国際協力課 模倣品対策室
作成者 製造産業局模倣品対策室
タグ セキュリティ,偽造品,商取引,商標侵害,工業,模倣品,生活,産業,社会
リリース日 2018-04-24
作成頻度
公開ウェブページ
対象地域