平成27年度内外一体の経済成長戦略構築にかかる国際経済調査事業(対内直接投資促進体制整備等調査(BEPSを踏まえた各国動向及び日本企業の対応に関する調査)調査報告書

本報告書は、米国、英国、ドイツ、フランス、オランダ、アイルランド、EU、中国、インド、インドネシア、シンガポール、タイを対象とし、これらの国・機関におけるOECFのBEPS最終報告書に対する税制改正の動向を調査したものである。また、有識者へのヒアリングによりその対応策についても検証を行っている。

データとリソース

追加情報

フィールド
タイトル 平成27年度内外一体の経済成長戦略構築にかかる国際経済調査事業(対内直接投資促進体制整備等調査(BEPSを踏まえた各国動向及び日本企業の対応に関する調査)調査報告書
説明 本報告書は、米国、英国、ドイツ、フランス、オランダ、アイルランド、EU、中国、インド、インドネシア、シンガポール、タイを対象とし、これらの国・機関におけるOECFのBEPS最終報告書に対する税制改正の動向を調査したものである。また、有識者へのヒアリングによりその対応策についても検証を行っている。
公表組織名 経済産業省
連絡先 貿易経済協力局貿易振興課
作成者 貿易経済協力局貿易振興課
タグ APA,BEPS,CFC,CbCレポート,EU,IGS,OECD,PE,PE認定,international,アイルランド,インド,インドネシア,オランダ,グループ内役務提供,シンガポール,タイ,タックスヘイブン,ドイツ,ハイブリッドミスマッチ,パテントボックス,フランス,プロモーター,ロイヤルティ,ロケーションセービング,中国,利子控除,商取引,国別報告書,国際,国際課税,多数国間協定,恒久的施設,所得相応性基準,文書化,新興国,日系企業,有害税制,法律,海外子会社,無形資産,産業,相互協議,租税条約,移転価格,税務,税金,米国,経済,義務的開示,英国,行政,親会社,途上国,電子経済,駐在員事務所
リリース日 2016-06-16
作成頻度
公開ウェブページ
対象地域