平成27年度電源立地推進調整等事業 電力自由化に伴う情報システムの変化に関する調査報告書

電力システム改革による、情報システムの役割および電力システム全体のセキュリティ確保の重要性が増す国内の状況変化を念頭に、一足先に自由化を進めた欧米において、電気事業における情報システムの位置付けや役割がどのように変化してきたかを調査分析する。

データとリソース

追加情報

フィールド
タイトル 平成27年度電源立地推進調整等事業 電力自由化に伴う情報システムの変化に関する調査報告書
説明 電力システム改革による、情報システムの役割および電力システム全体のセキュリティ確保の重要性が増す国内の状況変化を念頭に、一足先に自由化を進めた欧米において、電気事業における情報システムの位置付けや役割がどのように変化してきたかを調査分析する。
公表組織名 経済産業省
連絡先 資源エネルギー庁電力・ガス事業部電力産業・市場室
作成者 資源エネルギー庁電力・ガス事業部電力産業・市場室
タグ CTRM,EMS,ETRM,SCADA,エネルギー,システム,スマートメーター,セキュリティ,デジタル,市場リスク,発送電分離,系統監視 ,自由化,送配電,送電,配電,電力,需給制御
リリース日 2016-05-24
作成頻度
公開ウェブページ
対象地域