平成26 年度アジア産業基盤強化等事業(新興国における日本企業の税務対応に係る人材育成・制度整備に関する調査) 新興国における税務人材の現状と課税事案への対応に関する調査

本報告書は、課税事案が多く報告されている中国、インド、インドネシア、タイ、ブラジル、及びベトナムの6か国を対象とし、これら調査対象国における税務人材の活用の現状やそれに対する支援の在り方について調査したものである。また、調査対象国において実際に生じている課税問題を題材として、その対応策についても検証を行っている。

データとリソース

追加情報

フィールド
タイトル 平成26 年度アジア産業基盤強化等事業(新興国における日本企業の税務対応に係る人材育成・制度整備に関する調査) 新興国における税務人材の現状と課税事案への対応に関する調査
説明 本報告書は、課税事案が多く報告されている中国、インド、インドネシア、タイ、ブラジル、及びベトナムの6か国を対象とし、これら調査対象国における税務人材の活用の現状やそれに対する支援の在り方について調査したものである。また、調査対象国において実際に生じている課税問題を題材として、その対応策についても検証を行っている。
公表組織名 経済産業省
連絡先 貿易経済協力局貿易振興課
作成者 貿易経済協力局貿易振興課
タグ BEPS,ICMs,IGS,OECD,PE,PE認定,international,インド,インドネシア,ガバナンス,グループ内役務提供,タイ,ブラジル,ベトナム,ロイヤルティ,中国,出向者,出張者,商取引,国際,国際課税,外国契約者税,恒久的施設,新興国,日系企業,法律,海外子会社,無形資産,産業,移転価格,税務,税金,経済,行政,親会社,課税,送金,途上国,駐在員,駐在員事務所
リリース日
作成頻度
公開ウェブページ
対象地域