令和元年度(平成31年度)容器包装利用・製造等実態調査

「容器包装リサイクル法」において、容器を製造している事業者、容器包装を利用している事業者、輸入業者には、容器包装廃棄物の再商品化の義務が課されています。各事業者の再商品化義務量は、国が毎年度公表する「量」「比率」等に基づき算出されます。「容器包装利用・製造等実態調査」は、毎年、製造業、卸売業、小売業、外食産業及び農林漁業における、容器包装を用いた商品の販売額、容器包装の利用量等を集計・分析し、再商品化義務量を算出するときに必要となる「量」「比率」等を算定・提供しています。

データとリソース

追加情報

フィールド
タイトル 令和元年度(平成31年度)容器包装利用・製造等実態調査
説明 「容器包装リサイクル法」において、容器を製造している事業者、容器包装を利用している事業者、輸入業者には、容器包装廃棄物の再商品化の義務が課されています。各事業者の再商品化義務量は、国が毎年度公表する「量」「比率」等に基づき算出されます。「容器包装利用・製造等実態調査」は、毎年、製造業、卸売業、小売業、外食産業及び農林漁業における、容器包装を用いた商品の販売額、容器包装の利用量等を集計・分析し、再商品化義務量を算出するときに必要となる「量」「比率」等を算定・提供しています。
公表組織名 農林水産省
連絡先 食料産業局バイオマス循環資源課食品産業環境対策室
作成者 食料産業局バイオマス循環資源課食品産業環境対策室
タグ 5000012080001,agriculture and for...,statistics,statistics_survey_r...,統計,統計調査結果,農業_林業
リリース日 2019-09-30
作成頻度 1年
公開ウェブページ https://www.e-stat.go.jp/stat-search/files?page=1&layout=datalist&toukei=00500301&tstat=000001018134&cycle=8&year=20191&month=0&tclass1=000001036527&tclass2=000001133489
対象地域