グローバルな森林炭素監視システムの開発に関する研究 _国立環境研究所_山形与志樹_平成22年度_環境研究総合推進費終了成果報告書(A-0801)

データとリソース

追加情報

フィールド
タイトル グローバルな森林炭素監視システムの開発に関する研究 _国立環境研究所_山形与志樹_平成22年度_環境研究総合推進費終了成果報告書(A-0801)
説明
公表組織名 環境省
連絡先 総合環境政策局総務課環境研究技術室
作成者 総合環境政策局総務課環境研究技術室
タグ 3次元放射伝達モデル,ALOS,PALSAR,Pi-SAR-L,PlotNet,SAR画像,energy and environment,environment,information_disclosure,アジア地域,エネルギーと環境,グラウンドトゥルースデータ,バイオマス,ポスト京都,リモートセンシング,可視赤外センサー,土地利用,土地利用改変 ,土地被覆分類,土壌炭素,地上検証,地上部バイオマス,情報公開,撹乱プロセス,森林インベントリ,森林バイオマス,森林改変,森林構造,森林減少,森林面積,炭素収支,環境,生態系モデル,部分空間法
リリース日 2013-03-25
作成頻度 更新しない
公開ウェブページ http://www.env.go.jp/policy/kenkyu/suishin/kadai/syuryo_report/h22/h22_suishin_report.html
対象地域