東アジアの大気汚染対策促進に向けた国際枠組とコベネフィットアプローチに関する研究_国立環境研究所_大原 利眞_平成25年度_環境研究総合推進費終了成果報告書(S-7-3)

データとリソース

追加情報

フィールド
タイトル 東アジアの大気汚染対策促進に向けた国際枠組とコベネフィットアプローチに関する研究_国立環境研究所_大原 利眞_平成25年度_環境研究総合推進費終了成果報告書(S-7-3)
説明
公表組織名 環境省
連絡先 総合環境政策局総務課環境研究技術室
作成者 総合環境政策局総務課環境研究技術室
タグ ASPAC,SLCP,energy and environment,environment,information_disclosure,アジアMERGEモデル,アジアのハイレベル科学者アドホック会合 ,アジア科学者の知的共同体,エネルギーと環境,コベネフィットアプローチ,大気と気候に関するアジア科学パネル,大気汚染による早期死亡と確率的生命価値...,大気汚染に係るアジアの地域協力枠組み,情報公開,環境,短期寿命気候汚染物質,越境大気汚染に関する東アジア諸国の認識の変遷
リリース日 2014-10-09
作成頻度 更新しない
公開ウェブページ http://www.env.go.jp/policy/kenkyu/suishin/kadai/syuryo_report/h25/h25_suishin_report.html
対象地域