利用ヒント:キーワード検索は「AND」、「OR」、「NOT」により複数キーワード検索機能が利用できます。
          例:行政 AND 環境 NOT 白書→「行政」と「環境」が含まれ、「白書」が含まれないデータセットが検索されます。

146 件のデータセットが見つかりました

  • 消費者相談統計資料(2015年度)

    消費者相談統計資料
  • 生コンクリート流通統計調査(2007年)

    我が国の生コンクリートの需要構造、骨材等の消費及び労務状況等の実態を把握し、生コンクリート工業に関する各種の行政施策を実施するための基礎資料を作成する。
  • 生コンクリート流通統計調査(2008年)

    我が国の生コンクリートの需要構造、骨材等の消費及び労務状況等の実態を把握し、生コンクリート工業に関する各種の行政施策を実施するための基礎資料を作成する。
  • 生コンクリート流通統計調査(2009年)

    我が国の生コンクリートの需要構造、骨材等の消費及び労務状況等の実態を把握し、生コンクリート工業に関する各種の行政施策を実施するための基礎資料を作成する。
  • 生コンクリート流通統計調査(2010年)

    我が国の生コンクリートの需要構造、骨材等の消費及び労務状況等の実態を把握し、生コンクリート工業に関する各種の行政施策を実施するための基礎資料を作成する。
  • 生コンクリート流通統計調査(2011年)

    我が国の生コンクリートの需要構造、骨材等の消費及び労務状況等の実態を把握し、生コンクリート工業に関する各種の行政施策を実施するための基礎資料を作成する。
  • 生コンクリート流通統計調査(2012年)

    我が国の生コンクリートの需要構造、骨材等の消費及び労務状況等の実態を把握し、生コンクリート工業に関する各種の行政施策を実施するための基礎資料を作成する。
  • 生コンクリート流通統計調査(2013年)

    我が国の生コンクリートの需要構造、骨材等の消費及び労務状況等の実態を把握し、生コンクリート工業に関する各種の行政施策を実施するための基礎資料を作成する。
  • 砕石等動態統計調査(2007年)

    砕石業を営む企業に属する事業所について、骨材の生産及び需給の実態を把握し、行政上必要とする基礎的資料を作成する。
  • 砕石等動態統計調査(2008年)

    砕石業を営む企業に属する事業所について、骨材の生産及び需給の実態を把握し、行政上必要とする基礎的資料を作成する。
  • 砕石等動態統計調査(2009年)

    砕石業を営む企業に属する事業所について、骨材の生産及び需給の実態を把握し、行政上必要とする基礎的資料を作成する。
  • 砕石等動態統計調査(2010年)

    砕石業を営む企業に属する事業所について、骨材の生産及び需給の実態を把握し、行政上必要とする基礎的資料を作成する。
  • 砕石等動態統計調査(2011年)

    砕石業を営む企業に属する事業所について、骨材の生産及び需給の実態を把握し、行政上必要とする基礎的資料を作成する。
  • 砕石等動態統計調査(2012年)

    砕石業を営む企業に属する事業所について、骨材の生産及び需給の実態を把握し、行政上必要とする基礎的資料を作成する。
  • 砕石等動態統計調査(2013年)

    砕石業を営む企業に属する事業所について、骨材の生産及び需給の実態を把握し、行政上必要とする基礎的資料を作成する。
  • 商業統計調査(1997年)

    商業を営む事業所について、業種別、従業者規模別、地域別等に事業所数、従業者数、年間商品販売額等を把握し、我が国商業の実態を明らかにし、商業に関する施策の基礎資料を得ることを目的としている。
  • 商業統計調査(2004年) (簡易調査)

    商業を営む事業所について、業種別、従業者規模別、地域別等に事業所数、従業者数、年間商品販売額等を把握し、我が国商業の実態を明らかにし、商業に関する施策の基礎資料を得ることを目的としている。なお、経済センサスが創設されたことにより、平成21(2009)年から商業統計の簡易調査を廃止。
  • 商業動態統計調査(2015年)年報

    全国の商業を営む事業所及び企業の販売活動などの動向を明らかにすることを目的としている。
  • 特定サービス産業実態調査(2015年)14-28

    各種サービス産業のうち、行政、経済両面において統計ニーズの高い特定サービス産業の活動状況及び事業経営の現状を調査し、サービス産業の企画・経営及び行政施策の立案に必要な基礎データを得ることを目的としている。
  • 特定サービス産業実態調査(2015年)1-13

    各種サービス産業のうち、行政、経済両面において統計ニーズの高い特定サービス産業の活動状況及び事業経営の現状を調査し、サービス産業の企画・経営及び行政施策の立案に必要な基礎データを得ることを目的としている。