利用ヒント:キーワード検索は「AND」、「OR」、「NOT」により複数キーワード検索機能が利用できます。
          例:行政 AND 環境 NOT 白書→「行政」と「環境」が含まれ、「白書」が含まれないデータセットが検索されます。

702 件のデータセットが見つかりました

組織: 農林水産省

  • 資料・ガイドライン 等 災害に強い漁業地域づくりガイドライン (平成24年3月)

    東日本大震災の経験を踏まえ、漁業地域について、津波・地震による災害に備えて取り組むべき対策について取りまとめを行いました。
  • 山地災害に備える_暮らしを守る治山事業

    山地災害の発生状況と治山事業による対策
  • 平成27年牛乳乳製品統計

    牛乳及び乳製品の生産、出荷及び在庫等に関する実態を明らかにし、畜産行政の基礎資料を整備することを目的とする。
  • 平成27年畜産物流通統計_2/2

    畜産物流通調査は、畜産物の取引数量、価格等を把握し、畜産物に関する生産及び出荷の調整、価格安定等各種施策の基礎資料を提供することを目的とする。
  • 平成27年畜産物流通統計_1/2

    畜産物流通調査は、畜産物の取引数量、価格等を把握し、畜産物に関する生産及び出荷の調整、価格安定等各種施策の基礎資料を提供することを目的とする。
  • 平成27年畜産統計

    主要家畜(乳用牛、肉用牛、豚、採卵鶏、ブロイラー)に関する規模別経営タイプ別飼養戸数飼養頭(羽)数等を把握し、我が国の畜産生産の現況を明らかにするとともに、畜産行政の資料を提供することを目的とする。
  • 平成28年畜産統計

    主要家畜(乳用牛、肉用牛、豚、採卵鶏及びブロイラー)に関する規模別経営タイプ別飼養戸数飼養頭(羽)数等を把握し、我が国の畜産生産の現況を明らかにするとともに、畜産行政の資料を提供することを目的とする。
  • 平成27年度生産者の米穀在庫等調査結果

    生産者の米穀の在庫量、供給量、消費量、販売量等の実態を把握し、米穀の需給及び価格の安定を図る観点からの食糧行政の円滑な遂行等、各種行政施策の推進のための資料を整備することを目的としている。
  • 平成27年農作物災害種類別被害統計(被害応急調査結果)

    農作物に重大な被害が発生した場合に、地方交付税のうち特別交付税の算定、天災融資法等の適用、その他災害対策の企画・立案、実施等の資料を速やかに作成することを目的とする。
  • 平成28年農作物災害種類別被害統計(被害応急調査結果)

    農作物に重大な被害が発生した場合に、地方交付税のうち特別交付税の算定、天災融資法等の適用、その他災害対策の企画・立案、実施等の資料を速やかに作成することを目的とする。
  • 平成27年産花き生産出荷統計

    花きの作付(収穫)面積及び出荷量の現状並びにその動向を明らかにするための調査。
  • 平成27年産野菜生産出荷統計_2/2 人気

    野菜の作付面積、収穫量、出荷量等の現状とその動向を明らかにするための調査。
  • 平成27年産野菜生産出荷統計_1/2 人気

    野菜の作付面積、収穫量、出荷量等の現状とその動向を明らかにするための調査。
  • 平成27年産果樹生産出荷統計

    果樹の結果樹面積(パインアップルにあっては、収穫面積。以下同じ。)、収穫量、出荷量等の現状とその動向を明らかにするための調査。
  • 平成27年産作物統計(普通作物・飼料作物・工芸農作物)_2/2

    作物の生産に関する実態を明らかにし、食料自給率や生産努力目標の達成に向けた各種施策の推進、需要見通し等の策定、共済事業の適正な運営などの農業行政の基礎資料を整備することを目的とする。
  • 平成27年産作物統計(普通作物・飼料作物・工芸農作物)_1/2

    作物の生産に関する実態を明らかにし、食料自給率や生産努力目標の達成に向けた各種施策の推進、需要見通し等の策定、共済事業の適正な運営などの農業行政の基礎資料を整備することを目的とする。
  • 平成28年産作物統計(普通作物・飼料作物・工芸農作物)

    作物の生産に関する実態を明らかにし、食料自給率や生産努力目標の達成に向けた各種施策の推進、需要見通し等の策定、共済事業の適正な運営などの農業行政の基礎資料を整備することを目的とする。
  • 平成27年耕地及び作付面積統計(併載 平成23年~26年累年統計)

    農業の生産基盤となる耕地と農作物の作付けの実態を明らかにし、生産対策、構造対策、土地資源の有効活用等の各種土地利用行政の企画立案並びに行政効果の判定を行うための資料に活用することを目的としている。
  • 平成28年耕地及び作付面積統計

    農業の生産基盤となる耕地と農作物の作付けの実態を明らかにし、生産対策、構造対策、土地資源の有効活用等の各種土地利用行政の企画立案並びに行政効果の判定を行うための資料に活用することを目的としている。
  • 平成26年漁業生産額

    漁業生産活動による生産物を金額で評価することにより、金額ベースでの漁業の生産状況を明らかにし、漁業行政の推進等のための資料を整備することを目的としている。